開業医の相続・遺言・事業承継なら開業医の相続・遺言・事業承継の柏崎法務事務所にお任せください。

年間相談100件の豊富な経験と高い技術

開業医・ドクターの相続・事業承継なら
柏崎法務事務所へ

〒231-0007 横浜市中区弁天通1丁目14番地金港ビル3階18号

045-228-7445

営業時間

9:00~18:00(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

全53回無料メルマガ

次のよくある相続・承継トラブル、
先生は将来どれを回避したいですか?
全53回の無料Eラーニングメルマガ講座

[check]2人の子供が共に医師になったが診療所はひとつ。

将来、病院の跡継ぎ問題で争いにならないだろうか?

[check]財産のほとんどを個人経営の病院に注ぎ込んできたが、
子供が病院を継ぐ気がない場合はどうしたらいいのだろうか?

[check]子供が医師になってくれたが、経営があまり上手くいっていないため、
病院を継ぐ気がない場合はどうしたらいいのだろうか?

[check]診療所には次男が働いていて、長男や妻は医療には関与していない。
私が死亡した場合には誰が診療所を引き継ぐのだろうか?

[check]次男は些細なことで家族に当たり、暴力や金銭を要求する。
次男を相続から外して長男に病院の継いでもらいたいが可能なのだろうか?

先生は、ここに挙げた事例にいくつ当てはまりましたか?



もし、1つでも当てはまるのなら、先生の将来のためにも相続対策は必須だと考えます。


そしてその対策をしていなければ、最悪なケースとして、法廷闘争や、家族間での骨肉の争いが予想されます。


また、そのせいで患者様にも迷惑をかけることも考えられますし、実際にそういうケースを私は多くみてきました。


  そこで今回、医療手続きの専門家が相続・承継時によくやってしまう間違いや、トラブル回避の意外な極意を、つつみ隠すことなく、先生にわかりやすく例題をたくさん踏まえて”完全無料”のEラーニング講座でお話します。
 

先生は気楽に最後までお読みください。

開業医向け相続事業承継メルマガ53回目次

1 登録いただきありがとうございます。
2 クリニック相続で適用される法律とは?
3 【クリニック相続】実際にあったトラブル事例①

4 【衝撃】院長先生が弁護士に頼んでもダメな場合とは?
5 【クリニック相続】こんな事例、院長先生ならどうしますか?
6 【クリニック相続】コレ↓院長先生に実際に相談されました...
7 クリニック相続の権利を放棄させる方法とは?
8 院長先生が家族にできる最後の事は、ずばりコレ↓です。
9 【超重要】院長先生の90%以上の人が知らない「遺言書」の4つのポイントとは?
10 【超重要】コレ抜けると「遺言書」は無効です><
11 遺言書はやり直しがきかない、だったら、、、
12 院長先生も意外と知らない公正証書遺言の落とし穴
13 クリニック、診療所の相続のキモとは?
14 遺留分について院長先生が知っておくべきこと?その①
15 遺留分について院長先生が知っておくべきこと?その②
16 遺留分について院長先生が知っておくべきこと?その③
17 クリニック相続=「思いやり」とは?
18 院長先生、そのお金おろせなくなるかもよ
19 【必読】遺言書だけでなくコレも↓重要
20 なぜクリニックの承継は早い方がいいのか?
21 診療所承継時の引継ぎ
22 診療所承継で気をつけるポイント

23 親子だから院長先生に必要な契約書 
24 独身・事実婚の院長先生はコレ↓気をつけて(16)
25 多くの院長先生から最近注目されている生前対策とは?(17)
26 【衝撃!!】院長先生の遺言書がないとこんな事に、、、
27 【衝撃】院長先生の遺言書がないとこんな問題part2
28 【衝撃】院長先生の遺言書がないとこんな問題part3
29 【衝撃】院長先生の遺言書がないとこんな問題part4
30 【衝撃】院長先生の遺言書がないとこんな問題part5
31 院長先生はクリニック相続でこんな思い込みしていませんか?
32 院長先生は病院相続でこんな思い込みしてせんか?part2
33 クリニック相続で院長先生の誰もが悩むこととは?
34 遺言執行者がいるのにクリニック相続の手続きができない?
35 クリニック相続はスグに実行されない!?
36 プラス、これで完璧です、院長先生!!
37 院長先生、いつ作るの?今でしょ!!
38 【警告】院長先生、最悪こう↓なりますよ

39 寝たきり、ボケ、脳死に院長先生が備える物とは? 
40 ボケや寝たきり、院長先生は誰に助けてもらうのか?(33)
41 院長先生の財産管理等の委任契約書とは?(34)
42 院長先生の家族だから委任状が必要な4つの理由(35)
43 コレ↓する前に決めてはいけません。(36)
44 院長先生が将来ボケた時のために、、、(37)
45 成年後見制度のメリットとは?(38)
46 任意後見制度は院長先生がボケた時こんなに役立ちます(39)
47 誰が院長先生の任意後見人の適任か?(40)
48 院長先生の任意後見契約はどこで作る?(41)
49 院長先生の任意後見受任者のまずやるべき事?(42)
50 院長先生の任意後見人は何をする?(43)
51 任意後見人=院長先生の保険!?(44)
52 独りで死ぬ。院長先生がそう予想されるなら、、、(45)
53 年々増加する「死後」と「老後」対策(46)



【購読料金】
購読料金は無料です。

【購読方法】
お名前とメールアドレス等すべての欄をご記入の上、確定ボタンをクリックしてください。
同業者のご購読はご遠慮下さい。

 

 

 

注意事項

※ご入力頂いた内容は弊社の厳重な管理の下、細心の注意を払って保管致します。
※ご入力頂いた個人情報は弊社からの情報提供以外の目的では使用致しません。
※フィルタリング機能の強化により、yahoo,msn,infoseek,goo,hotmailなどのフリーメールでのご登録の場合、弊社からのメールが届かないことがあります。フリーメールでなく、固定メールでの登録をおすすめいたします。

メルマガ登録フォーム






開業医向け相続事業承継メルマガ全53回

お問合せはこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-228-7445

受付時間:9:00~18:00(土日祝を除く)

お問合せはこちら

お問合せはお気軽に

045-228-7445

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

代表プロフィール

法務事務所代表
柏崎幸一

中央大学法学部卒。山形生まれ。横浜育ち。

相談件数200件以上。必要のない相続・事業承継スキームは絶対行わないという信念の下、院長様向けのみならず、税理士等専門家向けにもセミナーを行う。

ご連絡先はこちら

行政書士柏崎法務事務所

045-228-7445

住所

〒231-0007
横浜市中区弁天通1丁目14番地金港ビル3階18号